毎週火曜日 朝6:00~6:30 "BizHack MEDIA(ビズハック メディア)" ゆめのたねラジオ放送局 関西チャンネルにて放送。

【考える人への育て方】行動に移す事ができない「悩む」人が普通です

少人数経営のデザイン
この記事は約6分で読めます。

悩む人とも仕事をしている、コバヤシです。
これは、1人以上の少人数経営者向けの記事になります。

あなた(経営者)は、悩みません。
考えます。

あなた以外(部下)は、考えません。
悩みます。

経営者の視点で、悩まず、考えてほしいと望みます。
今回は、【考える人への育て方】行動に移す事ができない「悩む」人が普通ですについてお話しします。

スポンサーリンク

悩む人を考える人に育てるべき

あなた(経営者)は、悩んだりしません。
考えてすぐ行動します。
行動しないと進まない事を知っているからです。

あなた以外(部下)は、考えません。
考えないので、悩んでいます。
行動に移す事が目的になっていて、「悩む」ことが「考える」ことになっています。

あなたにとっては、「考える」のは当たり前です。
あなた以外は、「考える」ことは難しいです。

それは、あなたが経営者だからです。

会社の資金調達時の連帯保証人は誰ですか?
おそらく、あなた個人がなっていると思います。

責任がある立場なので、「考える」ことは当たり前です。
あなた以外は、責任がないです。
「悩む」余裕があります。

経営者の視点で物事を見てほしいなら、悩む人を考える人に育てるべきです。

スポンサーリンク

「悩む」を「考える」人に育てた方が良い2つの理由

「悩む」を「考える」人に育てた方が良い2つの理由のイメージ画像

「考える」が出来る人は、あなたの会社に、そもそも入らない

小さな会社では、はじめから「考える」ができる人は、入社しません。
はじめから「考える」ができる人は、自分でやるか、大きな会社にいます。

いる訳ないと、割り切りましょう。

あなたの会社に「考える」が出来る人がいると、メンドウでしかない

小さな規模で、はじめから「考える」ができる人がいると、メンドウくさいです。

あなた以外だと、経験が足りない事が多いです。
けれど、考えてから話してくるので、いちいちあなたの手間がとられます。

小さな規模は、売上規模で1~3億くらいです。
会社規模の成長に合わせて、徐々に考えられるようになればOKです。

実際、こっちの方が問題です。
はじめから「考える」ができる人を取る事はできます。

年収600万以上にして、採用費を同額くらいかける

これができるなら、事業計画もしっかりしており、VCからの資金調達も可能です。
本サイトは「少人数経営」がテーマですので、関係のない話です。

私たちは、だせて年収300万がいいところです。
無い物ねだりはやめましょう。

スポンサーリンク

「悩む」のは普通。特徴からみる育て方

「悩む」のは普通の人。特徴からみる育て方のイメージ画像

「悩む」のは普通です。
「悩む」と「考える」の 特徴からみる育て方について説明します。

「悩む」と「考える」の特徴

「悩む」人
  • ネガティブ
  • 正しい結論は何かを探そうとする
  • できない理由を見つける
  • 人に相談し、アドバイスを活かさない
「考える」人
  • ポジティブ
  • 仮の結論を出す
  • 「どうしたらできるか」を見つける
  • アドバイスを、取捨選択して活かす

このような特徴があります。

「悩む」人は、ネガティブ発信で、わからないにも関わらず、 正しい結論が何かを探します。
「今忙しいから」と、できない理由をたくさん見つけます。
人に相談はし、意見をもらうと、その意見をもって別の人に相談にいきます。

「考える」人は、ポジティブ発信で、正しい結論が何かはわからないので、仮の結論を出します。
仮の結論を達成するために、「どうしたらできるか」を制限を持たずに見つけます。
人に相談はし、意見をもらうと、仮の結論からの差異を計り取捨選択をします。

「悩む」と行動に結びつかないように考えてします。
「考える」と解決を図ろうとします。

  • 「悩む」=ゴールがない
  • 「考える」=ゴールがある

「考える」とは論理的思考のことなのです。

論理的思考(ロジカルシンキング)は、本屋さんにも多数あります。そんなに難しくない本を1冊買ってきて、教育用にしても良いかもしれません。

「悩む」普通から「考える」論理的思考への育て方

「考える」は、論理的思考だとわかりました。
論理的思考に行く前に、「気付き」をもってもらいます。

  1. あなたが、プロセスをつくります。
  2. あなた以外は、強制的に実行してもらいます。
  3. 実行してもらったら、質問をもらいます。
  4. 2.3.を繰り返して実行してもらいます。
  5. 前の質問より深くなっていると「考える」ことになります。
  6. 同じ質問をしてくる場合は、回数を増やします。

「気付き」ができると、「考える」ようになります。

先にお話ししたように、会社の融資の連帯保証になってもらえれば、一気に「考える」ことができるようになりますが、強要することはできません。

「悩む」のは、普通です。
あなたが、思っている以上に悩みます。
早めに訓練を開始することをお勧めします。

「気付き」の訓練をして、「考える」人に育てましょう。

スポンサーリンク

どうしても、イライラしてしまう場合は?

どうしても、イライラしてしまう場合は?のイメージ画像

ずばり、向いていません。

身も蓋もないです。
けれど正しいと思います。

専門職の経営者に多い傾向があります。
経営者自身が、専門技術に能力が突出しています。
突出しているが故に、なぜ出来ないのか、理解できません。

名監督は、優秀なプレイヤーである必要はない。

これと同じです。

どうしてもイライラするなら、こういう手があります。

  • 誰かに代行してもらう
  • 人を使わなくてもできるようにプロセスを見直す

我慢して人を育てる必要はありません。
なければないで、煩わしさから解放されます。
全然ありです。

ちなみに、我慢してやった人は、こういう結論が多いです。

向いてないことがハッキリわかった。

スポンサーリンク

まとめ

1人以上の少人数経営者のあなたは、悩む人を考える人に育てるべきです

あなたの会社には、「考える」ができる人はきません。
「悩む」普通の人がくればOKです。

「考える」ができる人が、はじめにいると、手間ばかりとられてメンドウくさいです。

小さな会社では、最初のうちは、キャツシュフローを稼ぎます。
四の五の言わずに回転率の高い、普通の商品を売り稼ぎます。
考えなくても良い時も「考える」人は、考えます。

メンドウくさいです。

ある程度の売上を上げ、利益確保できれば余裕がでます。
それぐらいから、徐々に「考える」にシフトしましょう。

売上規模は1億くらいです。
それ以下は、何をやっても変わらないと思いましょう。

手順は「気付き」からです。
「考える」は論理的思考です。

あなた以外に論理的思考が身に付けば、あなたは、精神的に楽になります。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

編集後記

「悩み」は人間誰でもあります。「考える」人でも、その考える前は、なんだかモヤモヤしているものです。人に相談することで、自分の気持ちの整理や、思考整理できることも多いです。相手視点に立つことで、相談を受けても無下断ることはなくなります。解決しない人の場合は、上手にお断りしてください。

少人数経営のデザイン
スポンサーリンク
コバタケ@BizHack

ラジオパーソナリティー/SDGs認定ファシリテーター/元デザイナー/元会社経営/『少人数×経営×IT×デザイン』をテーマに情報発信/2019年から話す仕事、書く仕事をメインに再構築/アラフォー/住処は関西/ITコンサルと開発マネジメントが得意/起業する人や年商1億までの経営者の方、ラジオゲストに出てください!

コバタケをフォローする
\ この記事が気に入ったらシェアしてね /
コバタケをフォローする
BizHack
タイトルとURLをコピーしました