収録・配信したい方を応援するラジオ番組【Pラジ!】毎週水曜日21:00-21:30放送中!次回08月17日(水)【51-9月から第二期モニターをやります】

【GA4】Googleアナリティクス4でページビュー数を見る方法

ITを利用する
ITを利用する
この記事は約4分で読めます。

※この記事は、GA4を使いたい人向けです。
GA4を使っているコバヤシ(@BizHack1)です。

今回は【GA4】Googleアナリティクス4でページビュー数を見る方法を解説します。

スポンサーリンク

「表示回数」がGA4の「ページビュー数」

Googleユニバーサルアナリティクス(旧GA)では「ページビュー数」という指標名でしたが、Googleアナリティクス4(GA4)では「表示回数」と名称が変わりました。

GA4では、ページという概念がない「アプリ」も計測できるようになったので「ページビュー数」という言葉が合わなくなったのかも知れません。

ちなみに、Googleデータポータルでは「視聴回数」が「ページビュー数」に該当します。

ツール名指標名
Googleユニバーサルアナリティクス(旧GA)ページビュー数
Googleアナリティクス4(GA4)表示回数
Googleデータポータル視聴回数
「ページビュー数」に該当する指標名
スポンサーリンク

表示回数(ページビュー数)の見方

それでは、表示回数(ページビュー数)の見方を2つ紹介していきます。

1つは、
レポート画面でみる、標準レポート形式で、

もう1つは、
探索画面でみる、カスタムレポート形式です。

レポート画面での確認方法

レポート画面での確認方法は、以下手順になります。

  1. [レポート]を押す
  2. [エンゲージメント]を押す
  3. [ページとスクリーン]を押す

GA4の左メニューにある[レポート]→[エンゲージメント]→[ページとスクリーン]の順で押します。

GA4のレポート画面でPV数を確認する手順画像

すると、画面右下に一覧表示されます。

GA4のレポート画面でPV数の表示一覧表画像

これでGA4が用意した、標準レポート形式で表示回数(ページビュー数)が確認できました。

以下の手順でURL表示もできます。

  1. [+]を押す
  2. [ページ / スクリーン]を押す
  3. [ページ階層とスクリーン クラス]を押す

一覧表の「ページタイトルとスクリーン クラス」横にある[+]を押し[ページ / スクリーン][ページ階層とスクリーン クラス]を押します。

GA4のレポート画面でページURL表示する手順画像

すると、以下の画像のようにURLも表示されます。

GA4のレポート画面でページタイトルとURLを表示した画像

探索画面での確認方法

探索画面での確認方法は、以下手順になります。

  1. [データ探索]を押す
  2. [新しいデータ探索を開始する]を押す
  3. [データ探索名]を入力する
  4. [ディメンション][+]を押す
  5. [ディメンション]を選択する
  6. [チェックボックス]を押す
  7. 「インポート」ボタンを押す
  8. [指標]を[ディメンション]同様手順を行う
  9. 行に[ディメンション]をドラック&ドロップする
  10. 値に[指標]をドラック&ドロップする

GA4の左メニューにある[データ探索]→[新しいデータ探索を開始する]の順で押します。

GA4の探索画面でPV数を確認する手順[新しいデータ探索を開始する]の位置を示した画像

[変数]にある[データ探索名]に、任意の名前を入力し[ディメンション]横の[+]を押します。

GA4の探索画面でPV数を確認する手順[データ探索名]と[ディメンション]の位置を示した画像

すると「ディメンションの選択」画面になるので、任意の[ディメンション]を選択します。

GA4の探索画面でPV数を確認する手順「ディメンションの選択」画面

ここでは「ディメンションを検索」に「タイトル」で検索して「ページ タイトル」に[チェックボックス]を選択しています。

任意の[ディメンション]を選択後「インポート」ボタンを押すと[ディメンション]が選択できます。

GA4の探索画面でPV数を確認する手順「ディメンションを検索」に「タイトル」と「ページ タイトル」に[チェックボックス]を選択した画像

次に[ディメンション]と同様[指標]を選択します。

ここでは「指標を検索」に「表示回数」で検索して「表示回数」に[チェックボックス]を選択しています。
任意の[指標]を選択後「インポート」ボタンを押すと[指標]が選択できます。

GA4の探索画面でPV数を確認する手順「指標を検索」に「表示回数」と「表示回数」に[チェックボックス]を選択した画像

次に、選択した[ディメンション]と[指標]からデータを表示させます。

行に[ディメンション]と、値に[指標]をドラック&ドロップします。
ここでは[ディメンション]=「ページ タイトル」、[指標]=「表示回数」としました。

GA4の探索画面でPV数を確認する手順行に[ディメンション]と、値に[指標]をドラック&ドロップした画像

これで、カスタム形式で表示回数(ページビュー数)が確認できました。

[値]にあなたが求める他の指標を追加すると、自由度の高いアクセス解析ができます。

以下の画像では「表示回数」の他に「ユーザーの合計数・新しいユーザー・セッション・エンゲージメント率・セッションあたりのユーザーエンゲージメント時間」の指標を追加しています。

GA4の探索画面で「表示回数・ユーザーの合計数・新しいユーザー・セッション・エンゲージメント率・セッションあたりのユーザーエンゲージメント時間」の指標を追加した画像

このように、GA4は「探索」を使い、カスタム形式のレポート作成が容易にできます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は【GA4】Googleアナリティクス4でページビュー数を見る方法を解説しました。

GA4では「ページビュー数」=「表示回数」という指標名に変わった為、見つけづらいかも知れません。

ページビュー数を確認する方法は「レポート画面」と「探索画面」があり、

  • 「レポート画面」…日々の数値をさっと確認する時
  • 「探索画面」…深堀する時

などで、使い分けても良いかも知れません。

Googleデータポータルと同じような操作性をもつ、GA4の「探索」は、レポート作成が容易ですので、色々と試してみましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

編集後記

GA4に限らず、長く続くソフトウェアやサービスは、大きな仕様変更があるものです。これは新しい技術や普及率などにより、対応すべきものが変わるからです。だから長くつづくのでしょうね。

スポンサーリンク
コバタケ@BizHack

ラジオパーソナリティー・2030SDGs認定ファシリテーター|『少人数×経営×IT×デザイン』をテーマに情報発信中。2019年から話す仕事、書く仕事をメインに再構築しています。現在アラフォーで住処は関西です。ITコンサルと開発マネジメントが得意で、中小零細企業や個人事業主、起業する人へ「これからの在り方」をサポートしています。

フォローして頂けるとブログ更新を見逃しません
\ よければシェアお願いします /
フォローして頂けるとブログ更新を見逃しません
BizHack
タイトルとURLをコピーしました