収録・配信したい方を応援するラジオ番組【Pラジ!】毎週水曜日21:00-21:30放送中!次回07月06日(水)【45-今期も終わり。来期の展望は?】

Googleユニバーサルアナリティクス(旧GA)で使っているGoogleタグマネージャー(GTM)をGoogleアナリティクス4(GA4)でも使う方法

ITを利用する
ITを利用する
この記事は約4分で読めます。

※この記事は、旧GAで使っているGTMをGA4でも使いたい人向けです。
GTMでタグ管理しているコバヤシ(@BizHack1)です。

今回は、Googleユニバーサルアナリティクス(旧GA)で使っているGoogleタグマネージャー(GTM)をGoogleアナリティクス4(GA4)でも使う方法を解説します。

スポンサーリンク

旧GAの設定をGA4に引き継ぐ

登録している(=アカウントを持っている)Googleユニバーサルアナリティクス(旧GA)の設定をGoogleアナリティクス4(GA4)に引き継ぎます。

方法は以下の記事を参照して下さい。

関連記事:Googleユニバーサルアナリティクス(旧GA)とGoogleアナリティクス4(GA4)を併用する方法

スポンサーリンク

GA4の測定IDを取得

引き継いだGA4の測定IDを取得します。

  1. [データストリーム]を押す
  2. [該当データストリーム]を押す
  3. [測定ID]をメモor[コピーアイコン]を押す

[データストリーム]を押し、設定済みの[該当データストリーム]を押します。

Googleアナリティクスの「該当データストリーム」画面

[ウェブストリームの詳細]の[ストリームの詳細]にある[測定ID]をメモするか、横にある[コピーアイコン]を押します。

Googleアナリティクスの[測定ID]の位置位置を示した画像

これで、GA4の測定IDが取得出来ました。

スポンサーリンク

Googleタグマネージャー(GTM)にGA4を設定

次に、登録しているGoogleタグマネージャー(GTM)にGA4を設定します。

  1. 登録しているGTMに移動する
  2. [現在のワークスペース]を選択する
  3. [タグ]を押す
  4. 「新規」ボタンを押す
  5. [名前]を入力する
  6. [タグの設定]を押す
  7. [Googleアナリティクス:GA4設定]を押す
  8. [測定ID]にGA4の測定IDを入力する
  9. [トリガー]を押す
  10. [All Pages]を押す
  11. 「保存」ボタンを押す
  12. 「公開」ボタンを押す
  13. 「バージョン名」と「バージョンの説明」を入力する
  14. 「公開」ボタンを押す

登録しているGTMに移動後、使用している[現在のワークスペース]を選択して[タグ]を押します。

Googleタグマネージャーの[ワークスペース]TOP画面

右上にある「新規」ボタンを押します。

Googleタグマネージャーの[タグ]>「新規」ボタンの位置を示した画像

[名前のないタグ]に[名前]を入力し、[タグの設定]を押します。

Googleタグマネージャーの[名前]入力と「タグ設定」の位置を示した画像
ここでは[名前のないタグ]にGA4としている

[タグタイプを選択]画面が表示されるので[Googleアナリティクス:GA4設定]を押します。

Googleタグマネージャーの[タグタイプを選択]画面の[Googleアナリティクス:GA4設定]の位置を示した画像

[タグの設定]画面の[測定ID]にGA4の測定ID(「G-」から始まる文字列)を入力します。

Googleタグマネージャーの[タグの設定]画面の[測定ID]の位置を示した画像

次に[トリガー]を押します。

Googleタグマネージャーの[タグの設定]画面の[トリガー]の位置を示した画像

[トリガーの選択]画面の[All Pages]を押します。

Googleタグマネージャーの[トリガーの選択]画面の[All Pages]の位置を示した画像

設定を確認し問題がなければ「保存」ボタンを押します。

Googleタグマネージャーの「保存」ボタンの位置を示した画像

「公開」ボタンを押します。

Googleタグマネージャーの「公開」ボタンの位置を示した画像
[Googleアナリティクス:GA4設定]タグが、他のタグに並んで表示される

[変更の送信]画面の[送信設定]にある「バージョン名」と「バージョンの説明」を入力後「公開」ボタンを押します。

Googleタグマネージャーの[変更の送信]画面の「バージョン名」「バージョンの説明」と「公開」ボタンの位置を示した画像
ここでは未入力としているが、実際の運営時は、バージョン名に「GA4タグ追加」説明には「GTMにGA4タグを追加」などわかりやすい情報を

以下の画面が表示されれば、GTMにGA4の設定が出来ています。

Googleタグマネージャーの「公開後」画面
スポンサーリンク

正常に測定出来ているかを確認する

最後にGA4が、測定するサイトから正常に測定出来ているかを確認します。

方法は以下の記事を参照して下さい。

関連記事:Googleアナリティクス4(GA4)の登録・設定・確認方法

以上で、旧GAで使っているGTMをGA4でも使う方法を終わります。
お疲れさまでした!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、Googleユニバーサルアナリティクス(旧GA)で使っているGoogleタグマネージャー(GTM)をGoogleアナリティクス4(GA4)でも使う方法を解説しました。

旧GAからGA4に設定を引継ぎ、GTMのタグにGA4の測定IDを入力し公開すると、GA4でGTMが使えるようになります。

参考にして下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

編集後記

複数のサイトを運営していたり、LP(ランディングページ)など特定のページなどで、ボタンのクリック率などピンポイントで計測するには、GTMで一元管理した方が圧倒的に便利ですね。

スポンサーリンク
コバタケ@BizHack

ラジオパーソナリティー・2030SDGs認定ファシリテーター|『少人数×経営×IT×デザイン』をテーマに情報発信中。2019年から話す仕事、書く仕事をメインに再構築しています。現在アラフォーで住処は関西です。ITコンサルと開発マネジメントが得意で、中小零細企業や個人事業主、起業する人へ「これからの在り方」をサポートしています。

フォローして頂けるとブログ更新を見逃しません
\ よければシェアお願いします /
フォローして頂けるとブログ更新を見逃しません
BizHack
タイトルとURLをコピーしました