収録・配信したい方を応援するラジオ番組【Pラジ!】毎週水曜日21:00-21:30放送中!次回07月06日(水)【45-今期も終わり。来期の展望は?】

Googleユニバーサルアナリティクス(旧GA)とGoogleアナリティクス4(GA4)を併用する方法

ITを利用する
ITを利用する
この記事は約4分で読めます。

※この記事は、旧GAを使用している人向けです。
旧GAとGA4を併用しているコバヤシ(@BizHack1)です。

今回は、Googleユニバーサルアナリティクス(旧GA)からGoogleアナリティクス4(GA4)を併用する方法を解説します。

スポンサーリンク

Googleアナリティクスの現状

一般的なGoogleアナリティクスは、ユニバーサルアナリティクス(旧GA)とアナリティクス4(GA4)の2種類が存在しています。(2022年5月現在)

2種類存在しているのは、旧GAが終了するので、新しいGA4への移行期だからです。

Googleユニバーサルアナリティクス(旧GA)は2023年7月1日で終了

旧GAは、2023年7月1日で終了するとGoogleがアナウンスされています。
ユニバーサル アナリティクスのサポートは終了します【公式サイト】

Googleアナリティクス4(GA4)は2020年10月に正式リリース済み

変わってGoogleアナリティクス4(GA4)が、2020年10月に正式リリースされています。

GA4は、旧GAから計測方法や取得データが変わりました。

これは、旧GAはWeb解析がメインでしたが、今は動画やSNS、アプリなど多彩な連携が必要で、それに合わせた適切なデータ取得が必要になってきた為です。

つまり、
ユーザーの利用状況に合わなくなってきたので仕様変更した。

ということです。

スポンサーリンク

旧GAとGA4を併用する理由

旧GAとGA4を併用する理由は「データが共有できない」からです。

先に述べたように、ユーザーの利用状況に合わなくなってきたので、仕様変更すると、計測方法や取得データも変わります。

旧GAからGA4にいきなり変えてしまうと、過去データが使えなくなるので、GA4にデータを蓄積しながら、旧GAも使うというのが現実的です。

スポンサーリンク

旧GAとGA4を併用する方法

旧GAとGA4を併用する方法は、旧GAとGA4を2つの管理ページ(プロパティが別)にすることです。

旧GAに登録済みの設定を、GA4に引き継ぐ方法を解説します。

旧GAの設定をGA4に引き継ぐ

手順は、以下になります。

  • ① Googleアナリティクス管理画面の左下にある
    [歯車マークの管理]ボタンを押す
  • ② [GA4設定アシスタント]を押す
  • ③ Google アナリティクス 4 プロパティの設定アシスタント
    >[はじめに]ボタンを押す
  • ④ 新しいGoogle アナリティクス 4 プロパティの作成
    >[プロパティの作成]ボタンを押す
  • ⑤ [GA4 プロパティを確認]ボタンを押す
  • ⑥ 次のステップ:データ ストリームを設定してデータの収集を開始する
    >プラットフォームを選択してください
    >[ウェブ]ボタンを押す

1つずつ、画面を見ながら説明します。

①② Googleアナリティクス管理画面の左下にある[歯車マークの管理]ボタンを押し、[GA4設定アシスタント]を押してください。

旧GAの[GA4設定アシスタント]の位置を示す画像

③ 「Google アナリティクス 4 プロパティの設定アシスタント」画面が表示されるので、[はじめに]ボタンを押してください。

旧GAの「Google アナリティクス 4 プロパティの設定アシスタント」画面

④ 「新しいGoogle アナリティクス 4 プロパティの作成」画面が表示されるので、[プロパティの作成]ボタンを押してください。

GA4の「新しいGoogle アナリティクス 4 プロパティの作成」画面

⑤ 「Google アナリティクス 4 プロパティの設定アシスタント」画面に戻るので、[GA4 プロパティを確認]ボタンを押してください。

GA4の「Google アナリティクス 4 プロパティの設定アシスタント」画面

⑥ すると「次のステップ:データ ストリームを設定してデータの収集を開始する」画面になるので
「プラットフォームを選択してください」の[ウェブ]ボタンを押してください。

GA4の「次のステップ:データ ストリームを設定してデータの収集を開始する」画面

※途中で画面を閉じてしまっても、プロパティの[データストリーム]を押せば、データ収集を開始できます。

ストリーム名やストリームURLなどの情報は、旧GAから引き継がれているので、gtag.jsをサイトに設置することでGA4が使えるようになります。

GA4の「ウェブストリームの詳細」画面
「タグ設定手順」にgtag.jsがある

設置や確認方法は、別記事で紹介します。以下の記事を参照して下さい。

関連記事:Googleアナリティクス4(GA4)の登録・設定・確認方法

GA4の「出来ること」は簡易ヘルプで確認

初回には、GA4の「出来ること」が簡易ヘルプで確認できます。

画面の指示に従ってリンクを押していくと、どんなことができるのかを知ることが出来ます。

GA4の簡易ヘルプ画像群

簡易ですが、GA4の概要を掴めます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、Googleユニバーサルアナリティクス(旧GA)からGoogleアナリティクス4(GA4)を併用する方法を解説しました。

旧GAとGA4を併用する方法は、旧GAとGA4を2つの管理ページ(プロパティが別)にすることです。

旧GAとGA4はデータの互換性がないので、併用させることでGA4にデータ蓄積させることが目的です。

2023年7月1日で終了になる旧GAですから、早めにGA4を稼働させておくことをおススメします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

編集後記

記事では、旧GAに登録済みの設定を、GA4に引き継ぐ方法を解説しましたが、GAを新規で作成する時も、旧GAとGA4を併用できるようになっています。あと1年ぐらいで旧GAは使えなくなるので、新規で使っていくなら不要な気もします。

スポンサーリンク
コバタケ@BizHack

ラジオパーソナリティー・2030SDGs認定ファシリテーター|『少人数×経営×IT×デザイン』をテーマに情報発信中。2019年から話す仕事、書く仕事をメインに再構築しています。現在アラフォーで住処は関西です。ITコンサルと開発マネジメントが得意で、中小零細企業や個人事業主、起業する人へ「これからの在り方」をサポートしています。

フォローして頂けるとブログ更新を見逃しません
\ よければシェアお願いします /
フォローして頂けるとブログ更新を見逃しません
BizHack
タイトルとURLをコピーしました