毎週火曜日 朝6:00~6:30 ”BizHack MEDIA” ゆめのたねラジオ放送局関西チャンネルにて放送。

ほとんどの人がやりたいことで稼げない理由【1年は本気でやる覚悟】

LIFE(人生)を豊かにする
この記事は約6分で読めます。

※この記事は、やりたいことで稼ぎたい人向けです。
結構、やりたいことで生きてきたコバヤシです。

やりたいことで稼ぐぞ。
と思う人は多いです。

けれど、ほとんどの人が稼げていません。
なぜでしょう?

今回は、ほとんどの人がやりたいことで稼げない理由【1年は本気でやる覚悟】を深堀します。

スポンサーリンク

本気でやる覚悟を持つべき

ご相談をうけると、「○○をやりたい」というより「○○が好き」ぐらいで止まっている方がたまにいらっしゃいます。

幸せはお金だけではないです。
稼がなくても良いなら、それはそれで問題ありません。
「○○をやりたい」ではなく「 趣味」で良いです。

やりたいことで稼ぐなら、本気でやる覚悟を持つべきです。

ほとんどの人がやりたいことで稼げない理由

ほとんどの人がやりたいことで稼げない理由のイメージ画像

ほとんどの人がやりたいことで稼げない理由はとてもシンプルです。

需要がないです。
私たちがやりたいことは、誰も欲しがらないです。

これは、とても残念ですが、事実です。

お客さんは、○○な事に困っていて、それを解決するのが、私たちの△ △ だ。
と取り組んでも、誰も欲しがりません。

  • 困っているけど、お金をはらってまではいらない。
  • 値段が高過ぎてあわないよ。

残念なお知らせですが、これも事実です。
まじめに考えて、取り組んでいる人の方が当てはまります。

やりたいことがなく、お金が欲しいだけの人の方が稼げています。
それが短期的だろうが、稼いでいます。

やりたいことで稼げていた、過去の私

ほとんどの人がやりたいことで稼げない理由、デザイナーのイメージ画像

私は、今から20年ほど前に、ゲームのデザイナーになりました。
やりたいことで稼げていた、過去の私を具体例としてお話しします。

アルバイトで入社

とあるゲーム開発会社に、運よくアルバイトで入れました。

ゲームをやることは、好きです。
絵も描いていましたし、好きです。
ただそれだけです。

1年ぐらいで、1本が完成し発売されました。
つくる事は楽しかったです。
それなりに一生懸命やりました。
ただそれだけです。

好きからやりたいことに変わった瞬間

発売間際に、本屋さんにいきました。
ゲーム雑誌をペラペラめくると、作ったゲームが掲載されています。

体が震え、猛烈に感動しました。
なぜだが、わかりません。
泣きました。

次の日から、1年間会社に泊まり込みをしました。
好きからやりたいことに変わった瞬間です。

やりたいことで稼ぐ

まずは、デザイナーチーフに3年でなると目標を立てました。
結果、2年でなりました。

役員の方から、社員の話も頂きました。
ありがたいですが、辞退しました。
目標を達成したので、独立しました。

早速、仕事を取ろうと調べます。
けれど、デザイナーの需要はありません。

アルバイトさせて頂いていた会社もそうでした。
デザイナーの社員は、ほとんどいません。
開発職の社員は、ほぼ全員プログラマーです。

デザイナーは吐いて捨てるほどいます。
プログラマーは貴重です。
需要があるのは、プログラマーです。

以下は、事実を知っていた私の作戦です。

  • スキルの複合化
    =1人でやらず、企画とデザインの2人で動く
  • 開発マネジメント
    =マメジメント+開発の効率をあげる支援ツール開発
  • 調達
    =機材選定・発注ができ、技術商社ともルートがある
  • 対価
    =3か月間無給で、3か月後月額契約する

仕事が無いときに、絵しかかけないデザイナーは、固定費が増えるだけなので、不要です。 単発で発注した方が費用対効果があります。
だから、デザイナーとして売り込むのでなく、デザイナー出身でマネジメントが出来るを売りにした訳です。

これが、功を奏します。

20社ほどピックアップしていました。
幸いにして1件目でいきなり社長面談ができました。
10分ほど話して、握手(OK)になります。

事前に資料を送っています。当時珍しかった、ポートフォリオをwebサイト形式にして、3.5インチフロッピーディスクにいれて送りました。これで一気に社長面談までいけました。社長との面談は、デザイナースキルについては、全く話していません。

3か月後、120万/月で契約できました。
2年間契約したので、売上約2,900万円です。

やりたいことで稼げていた、過去の私です。

1年間引きこもって、やるのはアリ

1年間引きこもって、やるのはアリのイメージ画像

やりたいことで稼ぐなら、1年ぐらいは引きこもって、やってもいいんじゃないかと思います。

やりたいことを1つに絞って、10~20個ほど稼ぐことを出します。
私の場合は、かなり詰めてやったので、デザイナーとしての限界を1年で理解しました。

やっていると、自分より力のある人にどんどん会えるようになります。
同期でこんな人に会いました。

  • 親が著名なデザイナーで、子供の頃から、海外で名を馳せている人
  • つくるものすべてが、早くて完成度の高い、センスの塊な人

頑張っても無理です。
一応努力はしました。
彼らの、かけている過去の時間を知った時、追いつかない事実を知りました。

私の場合、デザイナーがやりたいことではなく、その周辺を含めたもの全て=エンタメ全般、がやりたいことです。
先にお話しした、10~20個ほどを出すと、こうなります。

1年もつめると、生活できないなら、会社に勤めながらやれば良いです。
考え方は、以下です。

  • 毎日1時間かけられるなら、年間365時間
  • ガッチリやっている人は10時間とかやるので、3,650時間
  • 同じ1年でも使っている時間差は10倍ある
  • このままでいくと単純に10年かかる。

10年もやってられないです。
毎日5時間やってもガッチリやっている人に追いつくのは5年です。

短くするためには、こうします。

1年分の生活費のお金を貯める

1年で300万必要なら、それを貯めます。
いつまでに貯めるのかを決めます。

貯めたお金だけで生活できるようにしておけば、1年引きこもっても大丈夫です。

先の説明で以下をお話ししました。

やりたいことがなく、お金が欲しいだけの人の方が稼げています。
それが短期的だろうが、稼いでいます。

これは、やりたいことがみえてきて、それをやるためにお金が欲しい人にも当てはまります。
お金が欲しい人が稼げています。

まとめ

本当にやりたいことなのか、それとも好きなだけなのかを考えます。

好きでもよいなら、趣味として大事にします。
良い事です。

やりたいことで稼ぐなら、やりたいことを1つに絞ります。
10~20個ほど稼ぐことを出します。

ガッチリやっている人は、効率など考えません。
ドップリやります。

効率化を図るのは、お金を稼ぐことには必要です。
やりたいことで稼ぐなら、本気でやる覚悟を持つべきです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

編集後記

ご相談を受ける時、ホントにやりやいことで稼ぎたいのかな?と思うことがあります。趣味の話にしては、それで食べていきたいと言います。けれど、行動が伴っていない。人に会いまくって、感化されているだけのような気もします。これは、やった気になっているだけなんですけれども。

コバヤシ タケシ

当サイトの運営者。ラジオパソナリティー。毎週火曜日朝6:00~6:30 ゆめのたね放送局 関西チャンネル BizHack MEDIA 放送中。2019年9月放送日:9月3日、10日、17日、24日

コバヤシ タケシをフォローする
LIFE(人生)を豊かにする
スポンサーリンク
シェアする
コバヤシ タケシをフォローする
BizHack
タイトルとURLをコピーしました