毎週火曜日 朝6:00~6:30 ”BizHack MEDIA” ゆめのたねラジオ放送局関西チャンネルにて放送。

はじめから100点はいらない。まずは30点で完成させる【磨く感じ】

LIFE(人生)を豊かにする
この記事は約5分で読めます。

※この記事は、完成しても100点にならないなと思っている人向けです。
はじめにやる事を、おおまかにとらえて生きてきたコバヤシです。

なにか物事をはじめようとします。
時間はかかりましたが、完成しました。
頑張りましたし、時間もかけました。

けれど、完成したものは、70点くらいの出来です。

今回は、はじめから100点はいらない。まずは30点で完成させる【磨く感じ】についてお話しします。

スポンサーリンク

まずは30点で完成させるべき

とりあえずでいいです。
通しで、まずは完成させます。

通しで最後まで完成させると、ポイントが分かります。
問題点もすぐに分かります。

この段階で、質は重要ではないです。
何回か繰り返せば、質はあがります。
修正に多くの時間が割けます。

まずは30点で完成させるべきです。

はじめから100点を目指しても100点にならない理由

はじめから100点を目指しても100点にならない理由のイメージ画像

理由を説明します。

はじめて取り組む人[初心者]は、100点を目指しがちです。

はじめて取り組む人[初心者]
  • はじめてなので、ポイントが分からない
  • ポイントが分からないが、100点を目指しがちになる
  • 経験がないので、修正する時間が少ない

対して、2回目取り組む人[熟練者]は、30点を目指します。

2回目取り組む人[熟練者]
  • 2回目なので、ポイントが分かる
  • ポイントが分かる上で、100点を目指すことになる
  • 経験があるので、修正する時間が多い

これは、ブログでも、企画書でもなんでも一緒です。
通しで最後まで完成させると、経験を積めます。

図解します。

はじめから100点を目指しても100点にならない理由、初心者と熟練者の進め方のイメージ画像

はじめから100点を目指しても100点にならない理由です。

基本形と具体例(このブログの場合)

基本形:30点でまずは完成を目指す

0回目(まずは完成)は、30点でまずは完成を目指します。

  • 0回目 30点(まずは完成)
  • 1回目 60点(修正)
  • 2回目 90点(修正)
  • 3回目 100点(完成)

アイディアを、メモ書き程度で書きます。
100点どころか、120点くらいの要素を入れます。
完全なオーバースペックです。

制限を気にすると、面白くなりません。
ムシします。

全部実現すると、スタッフが200人、開発期間5年、お金100億とかになります。
できるわけないです。

次に、あったらいいなという部分を全部そぎ落とします。

骨格だけにして、0回目終了です。
修正回を重ねるごとに、最初に考えたオーバースペックの部分をヒントにします。
骨格が崩れないように、肉付けします。
粘土で、ものをつくる感じに似ています。

かける時間を見ていきます。
10日で完成するとします。

  • 0回目 4日(まずは完成)
  • 1回目 2日(修正)
  • 2回目 2日(修正)
  • 3回目 2日(完成)

こんな感じです。

0回目(まずは完成)で、全体の半分使います。
1~3回目の修正で、残り半分を使います。

このブログの場合

平日1記事のルールにしています。

  • 0回目 30点 3時間(まずは完成)
    [調査]キーワード選定や競合記事をみる
    [構成]記事管理表を使い、構成と書き出し、見出しを書く
  • 1回目 60点 1時間(修正)
    [下書き]Open Live Writerを使い、文章のみで全文を書く
  • 2回目 90点 1時間(修正)
    [整形]WordPressにupし、文字装飾や図解、文章校正を行う
  • 3回目 100点 1時間(完成)
    [確認]画像を選択し、最終確認する

ブログ開設から、3か月目に入ったところで、まだ6時間くらいかかっています。
それでも当初は12時間くらいかかっていたので、半分にはなりました。

4時間くらいを目指します。

30点でも完成は完成、修正して磨いていく

30点でも完成は完成、修正して磨いていくのイメージ画像

私は、デザイン系の学校で、5、6年ほど非常勤講師をしました。
生徒さんが、いくつかのチームで制作します。
生徒さんが、制作物を私にプレゼンし、私が採点します。

いつも、完成するのは、数チームだけです。
ほとんどのチームが完成しません。

完成していないものは、0点にします。

これは、美大系の入試と同じスタイルです。
今はどうかわかりませんが、20年以上前はそうなっていました。

とりあえず完成していれば、50点が付きます。
いくら出来が良くても、完成していなければ0点です。

完成していないと、どこをどうするのが良いのか、助言をもらう事も出来ません。

初心者の生徒さんらは、100点を目指していました。
いつも時間いっぱいまで使ってしまいます。
まして個人ではなく、チームなのにです。

自分以外の他人が入る事で、余計に時間が守れません。
自分以外がいるなら、もっと落として10点くらいでもよいと思います。

そのぐらいにしておくと、「まずは完成」がたくさんつくれます。
結果として、200点でも可能です。
自分でやるより、とても成果が出る事も学生さんは知りません。

難しくはないです。
時間をかけ、何度も修正し、磨いていくイメージです。

まとめ

まとめ、結果として100点になったイメージ画像

はじめから100点は目指してはダメです。
まずは30点で完成させます。

完成すれば、第3者からも助言を受けやすくなります。
ポイントが分かるようになるので、どこをどうすれば良いのかが、分かってきます。

30点までは、全体の期間の半分くらいは使ってもOKです。
残りの半分の時間は、修正やブラッシュアップに当てます。

時間をかけて磨いていくイメージです。
質は上がっていきます。

はじめから100点はいらない。まずは30点で完成させる【磨く感じ】でした。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

編集後記

デザイン系の学生さんの中で、社会人を10年ほど経験した方がいました。デザイン経験は皆無で個人のスキルは、彼よりも若い時から絵を学んできた方には、遠く及びません。けれどチームでの完成度はピカイチでした。彼は、「まずは30点で完成させる」ことを知っていました。成果物がどんどん出せるので、みるみる腕も上がりました。今から3年前の話を思い出しました。

コバヤシ タケシ

当サイトの運営者。ラジオパソナリティー。毎週火曜日朝6:00~6:30 ゆめのたね放送局 関西チャンネル BizHack MEDIA 放送中。2019年9月放送日:9月3日、10日、17日、24日

コバヤシ タケシをフォローする
LIFE(人生)を豊かにする
スポンサーリンク
シェアする
コバヤシ タケシをフォローする
BizHack
タイトルとURLをコピーしました