ラジオ番組”BizHack MEDIA”の配信一覧(過去に放送したラジオが聴けます)

【出張先から申請書を提出】プリンターがない!スマホでコンビニ対応

ITを利用する
この記事は約6分で読めます。

※この記事は、手元にプリンターがない人向けです。
ペーパーレスを進めているコバヤシ(@BizHack1)です。

以前、助成金の申請書類の提出を社労士さんから求めらました。
その書類は、「押印、両面印刷して郵送」が必要です。

けれど、私は出張中で、手元にプリンターはありません。
今回は、【出張先から申請書を提出】プリンターがない!スマホでコンビニ対応の話をします。

スポンサーリンク

年に数回の印刷なら、コンビニを利用すれば良い

プリンターのイメージ画像

紙で書類を管理していると、場所をとり、どんどん溜まっていきます。
これは、ペーパーレスにすることで、随分解消されます。

けれど、どうしても紙で対応しなければならない書類があります。
それは、国や行政への申請書です。

こればかりはどうしようもありません。
年に数回の印刷しかしないので、いざプリンターを使おうとするとインクがなかったり、目詰まりして、使えなかったりすることも。。

こういう場合は、コンビニで印刷したほうが便利です。

スポンサーリンク

コンビニ印刷のメリット・デメリット

プリンターのアイコンイメージ画像

では、コンビニ印刷のメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット
  • 手元にプリンターがなくても印刷できる

これにつきます。

例えば、出張中などで、プリンターが手元にない場合があります。
書類をデータ化し、スマホで管理すればコンビニのマルチコピー機を使うことで、印刷できます。

ではデメリットはなんでしょうか?

デメリット
  • 近くにコンビニがないと印刷できない
  • 印刷料金が現金支払い

近くにコンビニがないと利用できません。(当たり前ですね)
この場合は、「モバイルプリンターを持参する」「出張後に対応」になります。

また、現金支払いになります。
キャッシュレス決済が進んでいるので、いずれ対応するかもしれません。

”現金支払い”は、セブン-イレブンで確認しています。
今までの出張先には、必ずセブン-イレブンがあり、他のサービスを使っていません。セブン-イレブン以外のコンビニの場合は、確認して下さい。

スポンサーリンク

主要コンビニで使えるアプリを紹介

店舗数の多いセブン-イレブン、ローソン/ファミリーマートで使えるアプリを紹介します。

セブン-イレブン|3つのアプリ

  • セブン-イレブン マルチコピー
  • かんたんnetprint
  • netprint

富士ゼロックス製の3つのアプリが使えます。
下図はセブン-イレブンの公式サイトの画像です。

セブン-イレブンマルチコピー説明画像
セブン-イレブン公式サイトより

参考:マルチコピー機でできること|株式会社セブン‐イレブン・ジャパン

どのアプリを使えば良いか、迷うかもしれませんね。
下図は、アプリの提供元の富士ゼロックスの公式サイトの画像です。

富士ゼロックスのセブン-イレブンアプリの説明画像
富士ゼロックス公式サイトより

セブン-イレブン マルチコピーは、
Wi-Fiでコピー機に送れます。そのためデータを持ち込んだ場合と同じ料金になります。

また、コピーでスキャニングしたデータをスマホで受信できるので、「スキャナーがない」場合も使えます。

かんたんnetprintは、
ユーザー登録不要でデータ保存期間が1日です。

netprintは、
ユーザー登録必王でデータ保存期間が7日です。

参考:スマホで撮った写真はセブン‐イレブンでかんたん・きれいにプリントしよう|富士ゼロックス株式会社

私は、「netprint」を使っています。
書類のデータは全てpdfで統一しており、ワードやエクセルなどのOffice系データ形式に対応していても、関係ありません。

メンドくさいことがキライなコバタケだったら、かんたんnetprintを選ぶんじゃないの?と思いますよね。

はい。

理由はとっても簡単で、はじめに試しでnetprintを使っていたからです。
わざわざユーザー登録したのに、簡易版に戻す必要性がないだけでした。

今やるなら、ユーザー登録不要のかんたんnetprintを選ぶと思います。

また、セブン-イレブン マルチコピーは、かんたんnetprintとnetprintより料金が安いですが、コンビニでの操作手間を考えると、他のお客さんの邪魔になるし、メンドくさいです。

スキャナーとして利用できますが、利用したことはありません。
出張中に緊急でスキャンする状況にはならないからです。
出張後に、スキャンすれば良いです。

ローソン/ファミリーマート|2つのアプリ

  • PrintSmash
  • ネットワークプリント

ローソンとファミリーマートは、シャープ製のアプリが使えます。
下図は、ローソンの公式サイトの画像です。

ローソンのアプリプリント説明画像
ローソン公式サイトより

PrintSmashは、セブン-イレブン マルチコピーと同じようなアプリです。
下図は、アプリの提供元のシャープの公式サイトの画像です。

Wi-Fi経由になるので、データを持ち込んだ場合と同じ料金になります。
けれど、コピーでスキャニングしたデータをスマホで受信はできないようです。

PrintSmashの説明画像
シャープ公式サイトより

参考:スマホやタブレットからプリントしたい|シャープ株式会社

ネットワークプリントは、かんたんnetprintとnetprintと同じようなアプリです。
下図は、ローソンの公式サイトの画像とアプリの提供元のシャープの公式サイトの画像です。

ローソンのネットワークプリント説明画像
ローソン公式サイトより

参考:とっても便利なローソンのマルチコピー機|株式会社ローソン

ネットワークプリントの説明画像
シャープ公式サイトより

参考:外出先や出張先からプリントしたい|シャープ株式会社

ネッワークプリントサービスは以下から利用できます。
また、PrintSmashは、ローソンとファミリーマートだけですが、ネッワークプリントは、セイコーマートでも利用可能です。

ネットワークプリントサービスの説明画像
シャープ公式サイトより

参考:ネッワークプリントサービス|シャープ株式会社

スポンサーリンク

会社の印鑑をどうするか?

印鑑のイメージ画像

コンビニで簡単に印刷できることがわかりました。
申請書には、会社の印鑑を押さなければなりません。

普通は持ち歩きませんよね。
こればっかりはしかたないです。戻ってから対応しましょう。

私の場合は、数か月単位での長期出張も多いです。
拠点があるため、そちらに保管してあります。
今回の事例は、会社の印鑑を押せること前提です。

今は、リモートワークやオフィスに固定費をかけない働き方も多くなっています。
コンビニを利用することで、こういう使え方もできますよ。
と考えてください。

【出張先から申請書を提出】プリンターがない!スマホでコンビニ対応を終わります。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

編集後記

ペーパーレスを進めていますが、どうしても出来ないのが、国や行政関係の申請書です。e-Govやe-Tax、eLTAX、GビズIDなど電子化は徐々に整備されはいますが、まだまだですね。

ITを利用する
スポンサーリンク
コバタケ@BizHack

ラジオパーソナリティー/SDGs認定ファシリテーター/元デザイナー/元会社経営/『少人数×経営×IT×デザイン』をテーマに情報発信/2019年から話す仕事、書く仕事をメインに再構築/アラフォー/住処は関西/ITコンサルと開発マネジメントが得意/起業する人や年商1億までの経営者の方、ラジオゲストに出てください!

コバタケをフォローする
\ この記事が気に入ったらシェアしてね /
コバタケをフォローする
BizHack
タイトルとURLをコピーしました