ラジオ番組”BizHack MEDIA”の配信一覧(過去に放送したラジオが聴けます)

「キラキラした気持ち」を僕の番組をきっかけに思い出してほしい。

LIFE(人生)を豊かにする
LIFE(人生)を豊かにする
この記事は約8分で読めます。

BizHack MEDIAパーソナリティーのコバタケ(@BizHack1)です。

今回、話しをうかがうのは、
声優・ナレーター・ラジオパーソナリティーの鈴木 臨之介、通称「りん」さんです。

Podcast配信あり|BizHack MEDIA Vol.27| 2020.09.15,22/2020年09月15,22日配信「第27回放送」
\ BizHack MEDIAを以下のPodcast配信アプリで聴いてみる /
Apple Podcast Google Podcasts Spotify Anchor Overcast Breaker Castbox PocetCasts RadioPublic Stitcher
スポンサーリンク

キラキラした「はじめて」を思いだしてもらいたい

2016年度より事務所 所属の声優・ナレーターからフリーランスに転向後、ラジオの世界と出逢った「りん」さん。ラジオをはじめたきっかけは友人からの誘いから。

今は精力的な活動を続け、多忙な日々ながらもラジオを続ける理由は、キラキラした「はじめて」を思いだしてもらいたい。から。

立ち返ることができれば、メンタル的な面でも負担が減るのでなないか?と「りん」さんは言います。

スポンサーリンク

ラジオをはじめたきっかけは、友人の誘いから

宣材写真?のりんさん
「りん」さんの番組の内容をご紹介ください。

鈴木 臨之介の「かえりましょ♪」をゆめのたね放送局 東日本チャンネルで毎週日曜日 夜の11:30~12:00に放送しています。

番組のコンセプトは、色々なゲストが今の仕事についた「きっかけ」を聞いて、体験からゲスト、リスナーとも原点に立ち返ろうというものです。

番組をはじめたばかりの頃は、つながりのある同業種の同期や後輩・先輩が中心でしたが、いろいろな活動を通じていろんな業種の方と、かかわることが増えました。

放送回数を重ねつつ「慣れてきた」こともあり、だったら他業種の方からも話を聞こうと、ゲストが増えてきた感じです。

「かえりましょ♪」は、はじめから同じ時間帯で放送していたのですか?
また、ゲストが増えてきたのは、いつぐらいからですか?

はじめから同じ時間帯で放送しています。
ゲストが増えてきたのは、はじめてから3年目ぐらいからで、それまでは同業種の方ばかりでした。

3年も!ちなみに「かえりましょ♪」は、何年目ですか?

東京スタジオ開局と同時に番組を持ちました。
ですので5年になります。
僕自身もこの間の収録時に、東京スタジオのPAさん(放送局のスタッフの方)に言われて「そうなんだ」って自覚しました。

大先輩ですね!
ゆめのたね放送局を知ったきっかけは何でしたか?

僕がちょうど声優事務所を止めて、フリーになったときに「実は、ラジオをやりたいんだ」と言っている声優の友人から「一緒に説明会に行かないか」と誘われました。

僕もフリーですから、制約もない。
断る理由もないから、一緒にゆめのたね放送局の説明会にいきました。

ご友人に誘われたのが、きっかけだったのですね。
説明会を聞いて、すぐにパーソナリティーになろうと思ったのですか?

イエイエ。
友人はスゴク乗り気で「パーソナリティーになる」とまで言い切っていましたが、僕はフリーになったばかりで「自分は何をやりたいのか」わからなくなっていた時期でもありました。

だから、少しでも「やってみたいかな」と思ったものをとりあえずやってみよう、実行してみようと考えていたので、友人がそれだけ乗り気なら、僕もやってみようかな。という気持ちになりました。

ご友人はパーソナリティーになったのですか?

友人は、事務所に所属していたのですが、事務所NGのため、できなくなりました…。

「かえりましょ♪」は、月4回の放送ですが、はじめからですか?

はじめは、ゆめのたね放送局標準の2回でした。
4回にしたのは、はじめてから4~5か月後ぐらいで、ゲストを呼べるようになった頃です。

僕は当時「自分は何をやりたいのか」を模索している時であり「しゃべる仕事」に自信がなかったので、こわくてゲストを呼べなかったですね。

自信がなくて!?
声優さんだから、得意だと勝手に思っていました。

パーソナルなフリートークと台本があるお芝居は、全くの別物なのです。

本来は、パーソナリティー志望だった友人に、ラジオで困ったことがあれば、相談もできるはずでしたが、それができません。僕1人の手さぐりで、いろんな人に「かえりましょ♪」に来てほしい!と自信がつくまでには、3年くらいかかりました。

スポンサーリンク

ゲストの「はじめての気持ち」を聞くと、自身の気づきにもなる

BizHack MEDIA出演中の「にこやかな」りんさんショット
BizHack MEDIA出演中の「にこやかな」りんさんショット
「かえりましょ♪」の番組名の由来を聞かせてください。

僕は、色々な声優事務所に所属していたこともあって、多くの声優さんと話す機会がありました。
このとき、精神的に病んでしまい、おかしな行動に出てしまう方もいました。

みんな声優になろうとしたきっかけは、キラキラしたものであり、希望にあふれていて、夢をいろんな人に与えたい!というステキな気持ちを持っています。

僕の番組をきっかけに、そういった「はじめの気持ち」に立ち返ることができれば、メンタル的な面でも負担が減るのかなと思い「かえりましょ♪」という番組名ではじめました。

おこがましいのかもしれませんが、そう思っています。

今は、他業種の方もゲストに出ていらっしゃいます。
「はじめの気持ち」はより幅広く聞くことができますね。

そうです。

他業種の方の「はじめの気持ち」を聞くと、違う業種ではあるけれど、似たような経験をもっている事もありますし、逆に全然違うアプローチでその仕事についたなど「そういう考え方もあるのだな。」と僕自身にも気づきが生まれます。

あと、他業種の方との出会いは、お酒の席が多いのですが、このときはあまりパーソナルな話はできません。だけど、「かえりましょ♪」にゲスト出演して頂くと、考えの部分まで深く聞くことができます。

だったら「一緒にやりましょうか」とか「こういうお手伝いができますよ」とつながっていくこともあります。

スポンサーリンク

「キレイごと」が大好き、偽善者なんていない

BizHack MEDIA出演中の「熱く語る」りんさんショット
BizHack MEDIA出演中の「熱く語る」りんさんショット
「かえりましょ♪」は、今後どんな番組にしていきたいですか?

いろんなゲストを呼びたいが1番です。

どう大きくしたいかどうかではなく、「スポンサーを付けてみる」というのもあります。
いろんなゲストに来ていただいているので、スポンサーをつけることで、変化が生まれる、新しい風が吹くのではないか?と思います。

そうすると、「かえりましょ♪」が僕以外のエッセンスがはいってきて、変化を楽しみながら進化ができるのではないか?と思っています。

でもスポンサーを付けると制約もでますよね。
意向に沿うことも必要だと思いますが、どうお考えですか?

確かにありますが、それも踏まえてです。
もちろん、意向を100%聞かなければならないというスポンサーは、僕が「かえりましょ♪」をやる意味がなくなってしまいます。

「りん」さんは、ラジオ以外でもクリエイティブな活動をされています。
その活動にスポンサーを付けるという考えはありますか?
仕事中のりんさん写真

自主制作で0から立ち上げた「革命のソルホライズン」という企画があります。

元々は長編ボイスドラマではじめる予定でしたが、新型コロナウィルスの影響で、収録するにも声優が10名以上出演する作品ですから、一緒の収録ですと3密になってしまいます。

それを回避するために急遽、YouTubeで5分程度のミニアニメの形で、少しずつ公開していく方法に変更しました。

長編ボイスドラマ 第1弾 のリリースも、新型コロナウィルスの様子を見ながらですが、収録を検討しています。

「革命のソルホライズン」は動画再生回数も伸びているそうですね。
シリーズ化されるとのことですが、何年くらいを考えていますか?

シナリオ担当と打合せしたときに、プロットで第○話までできていると報告がありました。
このペースから最低3年を見込んでいます。

この作品は、僕の中でのコンセプトがハッキリしていますから「革命のソルホライズン」にスポンサーを付けるとなると「かえりましょ♪」とは少し意味合いが違ってきます。

「かえりましょ♪」は、僕個人が変化すればよいのですが「革命のソルホライズン」は、作品のメッセージ性に共感して頂くことが大事です。

Twitterをみていると、朝から精力的な活動をされています。
きちんと寝ていますか?

寝ていますよw
よく言われますが、夜は寝たい人ですww

「かえりましょ♪」のはじめの頃からは、ずいぶん前向きな活動に見えますね。

やっぱり、支えてくれている方、応援してくれている方、喜んでくれている方がいるからです。

僕は「キレイごと」が大好きです。
偽善者なんていないと思っています。

良かれと思ってやったことが、結果論として上手くいかなかっただけです。
悪いことをしたくて行動したわけじゃないのですから。

「自分がイイ仕事をしていきたい」という気持ちでやっていけば、良い方向になると信じています。
『偽善』だって貫き続ければ『善』に進化できます。

収録中のオンラインの様子 左上りんさん、右上コバタケ、下PAの藤本さんの写真
収録中のオンラインの様子 左上りんさん、右上コバタケ、下PAの藤本さん
今回は「りん」さんの思いがつまった番組についてお話しを聞きました。

リスナーとともに分かち合う事ができて、実に楽しいひと時でした。

鈴木 臨之介、通称「りん」さん、
“BizHack MEDIA”にお越しいただき、本当にありがとうございました。
スポンサーリンク

Information

【鈴木 臨之介のかえりましょ♪】パーソナリティー 鈴木 臨之介
ゆめのたね放送局 東日本チャンネル 毎週日曜日 23:30~24:00 放送中
公式ホームページ|https://www.yumenotane.jp/kaerimasyo/

【革命のソルホライズン】
公式ホームページ|https://r3kingdom202002.wixsite.com/therevolutionofsolho/
公式YouTube|https://www.youtube.com/channel/UCykWCm9T-CCpuKzTNYAyF-A

革命のソルホライズンロゴ画像

番組へのおたより
メール|kaerimasyo.radio@gmail.com ※コピペする場合は@を半角で入力してください。
ハガキ|〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14 3331アーツ千代田209号室 ゆめのたね放送局・東京スタジオ【かえりましょ♪】係まで

鈴木 臨之介「りん」さんへの問い合わせ
Twitter|https://twitter.com/rinvoice711
LINE@|https://t.co/Hbe1N7Usal

\ BizHack MEDIAを以下のPodcast配信アプリで聴いてみる /
Apple Podcast Google Podcasts Spotify Anchor Overcast Breaker Castbox PocetCasts RadioPublic Stitcher
スポンサーリンク
コバタケ@BizHack

ラジオパーソナリティー・2030SDGs認定ファシリテーター|『少人数×経営×IT×デザイン』をテーマに情報発信中。2019年から話す仕事、書く仕事をメインに再構築しています。現在アラフォーで住処は関西です。ITコンサルと開発マネジメントが得意で、中小零細企業や個人事業主、起業する人へ「これからの在り方」をサポートしています。

コバタケをフォローする
\ この記事が気に入ったらシェアしてね /
コバタケをフォローする
BizHack
タイトルとURLをコピーしました