毎週火曜日 朝6:00~6:30 ”BizHack MEDIA” ゆめのたねラジオ放送局関西チャンネルにて放送。

Zoomを使ったオンラインのテストを受けた話【セミナーに転用OK】

ITを利用する
この記事は約6分で読めます。

※この記事は、オンラインでのセミナー開催を考えてる人向けです。
結構前から、ミーティングはオンラインでやっていたコバヤシです。

勉強熱心なあなたは、セミナーに参加する機会が多いと思います。
自身のサービスとしても開催したい。
と考えているかもしれません。

今回は、Zoomを使ったオンラインのテストを受けた話【セミナーに転用OK】について私が体験した、オンラインでのテストを元にお話しします。

スポンサーリンク

対面とオンラインの両方で開催を考えるべき

対面とオンラインの両方で開催を考えるべきです。

対面での開催は、お客さんの顔が見えます。
お客さんの顔が見えると、セミナー内容の理解度が増します。
理解度が増すと、お客さんとの関係も深くなります。
関係が深くなると、リピートしていただけます。
とても良い事です。

対面での開催を、完全になくすという事ではありません。

オンラインを使って、更にお客さんとの関係構築に使いましょう。
有効活用しましょう。

有効活用例をして3つ上げてみました。

  • 後日のフォローアップ
  • 対面とオンラインを組み合わせた講義形式
  • オンラインのみ適した講座やライブ

それぞれ具体例を挙げてみます。

後日のフォローアップ

対面でセミナーを実施します。
後日、参加者のフォローアップをします。
サポートがある事で、顧客満足を上げます。

売り方例
  • 9月3日 (対面)セミナー実施
  • 60日間 本セミナーについての質問事項等をサポート

対面とオンラインを組み合わせた講義形式

全○回の講義形式です。
対面とオンラインを組み合わせます。
対面=全体説明、オンライン=個別フィードバックにして付加価値を高めます。

売り方例
  • 全5回の講義形式
    1回目 対面:全体 自己・参加者紹介、講義①、宿題①
    2回目 オンライン:個別 宿題①提出、フィードバック
    3回目 対面:全体 講義②、宿題②
    4回目 オンライン:個別 宿題②提出、フィードバック
    5回目 対面:全体 講義③

オンラインにのみ適した講座やライブ

オンラインだからできる講座やライブです。
一方通行でも良いですし、双方向参加でも良いです。
場所を選ばず、参加できます。
録画しておけば、2次利用が期待できます。

売り方例
  • iPad proでのProcreate活用法
  • ライブでプラモデル制作の様子を中継(チャット参加あり)

YuTubeのゲーム実況のライブがあります。ゲームをプレイしているのを見るというものですが、2日に1度PM11:00~AM5:00頃まで中継されています。リアルタイム視聴者は、毎回1,500人程度で、後の動画の再生回数は、1日後で1.8万回視聴です。参加者数、時間、場所問わずに、かつ2次利用で視聴数が伸びる典型的な例かもしれません。

【世界記録チャレンジ】シレンTAの時間 9月3日
菓郎チャンネル【世界記録チャレンジ】シレンTAの時間 9月3日より

オンラインを進める3つの理由

オンラインを進める3つの理由、開催が手軽にできるのイメージ画像

オンラインを進める3つの理由を説明します。

  1. 開催が手軽にできる
  2. 開催回数を増やしてもコストが変わらない
  3. 5G回線を見据えて、更に技術が進化する

具体的に説明していきます。

開催が手軽にできる

ZoomやSkypeappear.inといった、オンライン会議サービスが充実しています。

どれが良いのかは、コンセプトが違うので、一概には言えません。
今回の用途では、Zoomがお勧めです。

開催回数を増やしてもコストが変わらない

オンラインにすると、会場手配が不要になります。
その為、開催回数を増やしても、会場費はかかりません。
集客に方法に集中することができます。

5G回線を見据えて、更に技術が進化する

5G(次世代移動通信)回線がもうすぐきます。
5Gというのは、ざっくり言うと「むちゃくちゃ、通信が早くなる」というイメージで良いです。

Zoomは今、同時接続可能数は100人です。
これも結構な数です。

今後は、10か所で各20名を一度に参加してもらう。
なんてこともあり得ます。

これは、「200人を同時に、手軽かつ格安で参加資することもあり得る」という事です。

私が受けたオンラインのテストの例

私が受けたオンラインのテストの例、Zoom公式HP画像
出典:Zoom公式HP

本日、15:30~16:10にオンラインで、SDGs(エス・ディー・ジーズ)の認定ファシリテーターのアセスメントがありました。
ざっくり言うと、「ファシリテーターのテストがあった」と言う事です。

ちなみに、8月7、8、9日の3日間にわたり、東京で講習を受けています。
対面ではガッチリこの時、やっています。

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

一般社団法人イマココラボ SDGsとは?より引用

SDGsについては、本記事とは、趣旨が違いますので、詳細は割愛します。

これをオンラインで実施しました。
進め方を見ていきます。

今回は、ファシリテーターとして認定できるかのテストです。
必要な事は以下です。

  • 進行する自分が、参加者から見える事
  • スクリプト(パワポのスライド)資料が進行状況に合わせて適切に出来る事
私が受けたオンラインのテスト、進め方①画像
Copyright © 2017 imacocollabo. All right reserved.

これを実現する為、PCとモバイルからZoomにアクセスします。

私が受けたオンラインのテスト、進め方②画像
Copyright © 2017 imacocollabo. All right reserved.

私が使用した機材は以下です。

  • モバイル=Apple iPad min(第5世代)
  • PC=Lenovo ThinkPad X280

今回は、私の方(モバイルとPCの2か所)と、イマココラボメンバーさん(1か所)の、合計3か所のサインインです。

Zoomの無料版では、3名まで40分の制限があります。
オーナーがイマココラボメンバーさんにあったので、有料版にしているかどうかは不明です。
たまたま、テストと結果、フィードバック合わせて40分ぐらいで終了したので、余計にわかりません。

このように、オンラインでやると、参加者側でもアクションを要求することができます。
これは、画期的な事です。

今回では、以下が役に立ちました。

  • 画面の共有ができる
  • 通信量がSkypeに比べて軽い
  • 複数人入っても回線に遅延がおきない

とてもスムーズに進行しました。

対面とオンラインの両方で開催を考えるべきです。

まとめ

セミナーやワークショップなどでお客さんとの関係構築には、対面がやっぱり一番です。
これに勝るものはないと思います。

手軽でコストのかからないオンラインを組み合わせましょう。
より内容の理解を深める事ができます。

これは大きな付加価値です。
セミナー開催していこうと考えている方、既に開催している方でオンラインに取り組んでいない方は、一度検討してみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

編集後記

実は、この認定テストがあったので、毎日3,4時間の練習を重ねていました。内容は、私の特性の真逆のスキルを要求するものでした。今までの経験から、この手のものは、人の2倍、3倍はやらないと合格しないとわかっていたからです。ちなみに、結果は、、、合格!でした。良かったです。

コバヤシ タケシ

当サイトの運営者。ラジオパソナリティー。毎週火曜日朝6:00~6:30 ゆめのたね放送局 関西チャンネル BizHack MEDIA 放送中。2019年9月放送日:9月3日、10日、17日、24日

コバヤシ タケシをフォローする
ITを利用する
スポンサーリンク
シェアする
コバヤシ タケシをフォローする
BizHack
タイトルとURLをコピーしました