ラジオ番組”BizHack MEDIA”の配信一覧(過去に放送したラジオが聴けます)

紙の本で買う場合もある。全てを電子書籍にできない理由と使い分け方

少人数経営のデザイン
少人数経営のデザイン
この記事は約7分で読めます。

※この記事は、本を紙か電子書籍で買うべきか悩んでいる人向けです。
本をたくさん読むコバヤシ(@BizHack1)です。

電子書籍がAmazonの読み放題サービス「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」などのおかげで、大分メジャーになってきました。
私も買うなら①電子書籍版②紙の本になっています。
しかし、全ての本を電子書籍になることはありません。

「紙の本と電子書籍では、どちらがいいのかな?」と思う方に参考になるように、全てを電子書籍化できない理由と、使い分け方について説明します。

スポンサーリンク

紙の本と電子書籍は使い分けると良い理由

紙の本と電子書籍の代表的なメリットは、

  • 紙の本 = 「内容を思い出しやすい」「読み返しやすい」
  • 電子書籍 = 「場所をとらない」「データだから重さがない」

です。

対して代表的なデメリットは、

  • 紙の本=「場所をとる」「紙なので重い」など
  • 電子書籍=「内容を思い出しにくい」「読み返しにくい」など

です。

ちょうど、それぞれのメリット・デメリットを補っています。
使い分けると良さそうです。

スポンサーリンク

本の選び方

購入した「紙の本」画像
購入した「紙の本」

当然ではありますが「目的に応じた内容が書いてある本」を選びます。
何か知りたいことがあったり、お話しが面白いなど、その人の目的に応じた内容が書かれていなければ、本は選びません。

次に「読みやすいかどうか」で選びます。

例えば、ビジネス書なら「各章の構成が論理的か?」ですし、エッセイ集なら「読みやすい文体か?」などです。
他にも、物語小説なら「人物の関係がすぐに思い出せるか?」、How Toものなら「図解が見やすいか?」、原本が海外製のものなら「和訳がすんなりはいってくるか?」かもしれません。

ジャンルにより読みやすいレイアウトや文章、構成になっていなければ、本を読みません。

スポンサーリンク

紙の本と電子書籍の使い分け例

今月(2020年10月現在)22冊の本を「紙」と「電子書籍」で買いました。
これを例として、どう使い分けているのか説明します。

ちなみに、電子書籍は、全てKindleアプリiPad mini 第5世代で読んでいます。
⇒ ビジネス書を電子書籍で読むことにした3つの理由【iPad miniが最適】
⇒ KindleアプリのAndorid版はKindle for Androidから

「紙の本」と「電子書籍」のジャンル別購入冊数画像
「紙の本」と「電子書籍」のジャンル別購入冊数
紙の本と電子書籍の冊数
  • 紙の本=12冊
  • 電子書籍=10冊
ジャンル別
  • 紙の本=ビジネス7冊、HowTo4冊、エッセイ0冊、金融1冊
  • 電子書籍=ビジネス3冊、HowTo2冊、エッセイ3冊、金融2冊

分類分けしてみてみると、今回は紙の本が多いです。
【本の選び方】ビジネス目的で手っ取り早く知識を得る【年間120冊】

買った本一覧

どういった本を買ったのかを詳細にみることで、紙の本と電子書籍になったのかを探ります。

購入した「紙の本」画像
購入した「紙の本」
紙の本 12冊
ビジネス
HowTo
金融

購入した「電子書籍」画像
購入した「電子書籍」
電子書籍 10冊
ビジネス
How To
エッセイ
金融

種別・ジャンル・書籍名に加え、紙の本・電子書籍があるか・発売日で一覧化します。

種別・ジャンル・書籍名・紙の本・電子書籍別・発売日の一覧表画像
種別・ジャンル・書籍名・紙の本・電子書籍別・発売日の一覧表

一覧化することで、何が見えてくるでしょうか?
4つの例で説明します。

シリーズもの 例)影響力の武器

影響力の武器 実践編[第二版]だけ、なぜか電子書籍があります。
発売日をみると、紙の本=2019/12/5、電子書籍=2009/6/9です。

10年前は「電子書籍アリ」で、10年後は「電子書籍ナシ」です。
紙の本には[第二版]とあり気付きましたが、電子書籍をあやうく購入するところでした。

また「影響力の武器[第三版]」と「影響力の武器 戦略編」は、電子書籍がありません。

紙の本「影響力の武器」3冊の画像

紙の本は、480ページほどで厚みがあり、ハードカバーで場所はとるし重いです。
構成は一般的な文章ですから、紙である必要はありません。
この本は、電子書籍で欲しいところです。

必要に応じて何度もページをめくる必要がある 例)文章力の基本

発売日が2009/7/24(2009/8/1初版)と古い本です。
重版なのか増刷なのかはわかりませんが、手元にある紙の本では、2020/6/10 第51刷発行となっています。(とても売れています!)
この本は、電子書籍がありませんが、もしあったとしても、紙の本で買います。

紙の本「文章力の基本」「文章力を伸ばす」の画像

なぜならば、机の引き出しなど、手元においておいて何度も必要項目を見る事になるからです。
検索しやすい用語を引く「辞書」でしたら電子書籍が良いですが、本書のような文章のシチューエションによる構成では、紙の本が圧倒的に使いやすいです。

原文同じで監訳違い 例)新訳 ハイパワー・マーケティング

監訳が違う別の紙の本を持っていますが、また別の監訳の電子書籍がありました。

紙の本・電子書籍「ハイパワー・マーケティング」の画像

紙の本はインデックス・コミュニケーションズで発売日が2005/2/19(2005/2/28初版)、電子書籍は角川書店で発売日が2017/10/27です。

2つの本の発売日は、12年空いていますし、出版社・監訳が違うので買いました。
この本は、原文が良いので、訳に違和感がなければ電子書籍で良いと思います。

④エッセイ集 例)もものかんづめ

さくらももこさんのエッセイです。発売当時、とても売れていた覚えがあります。
文章表現がとても参考になります。

電子書籍「もものかんづめ」「さるのこしかけ」「たいのおかしら」の画像

電子書籍があり、3冊買いました。
読んだことはありますが、持っていない本です。

発売日が2001/3/16と20年ほど前のものですから、この本は、紙の本より電子書籍の方が良いです。
いつでも読み返せますし。

⑤旬なもの 例)マンガでわかる株式投資! 女子高生株塾

株の構造や概要が、ストーリー仕立てで展開します。
クセのある画風のマンガ絵がピッタリあい、お話しとしても面白い本です。

電子書籍「マンガでわかる株式投資! 女子高生株塾」の画像

作中に出てくる、株の例はいかんせん古い情報になります。
この本の場合は、古い情報でも気にはなりませんが、ビジネス書でも多い「旬なもの」を扱っている場合は、電子書籍のほうが、場所をとらない・重さがないため都合が良いです。

この本は、紙の本より電子書籍の方が良いです。
本書は電子書籍がないため、紙の本を買うしかありませんでした…

スポンサーリンク

まとめ

紙の本と電子書籍の使い分けについて説明しました。

「紙の本」はスバラシ発明です。
しかし、物理的なものですから「厚み」があり「重さ」があります。
何度もページをいききしなければ、電子書籍に比重をおきつつ、紙で補うイメージが良いです。

古い本でも内容がよければ「電子書籍で買い直し」もアリだと思います。
参考にしてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

編集後記

電子書籍化が進みましたが、まだまだ紙の本も多いです。紙でないとダメという本は、多くはありませんから、紙である必要性がないなら電子書籍で良いのになぁ。と思います。

スポンサーリンク
コバタケ@BizHack

ラジオパーソナリティー・2030SDGs認定ファシリテーター|『少人数×経営×IT×デザイン』をテーマに情報発信中。2019年から話す仕事、書く仕事をメインに再構築しています。現在アラフォーで住処は関西です。ITコンサルと開発マネジメントが得意で、中小零細企業や個人事業主、起業する人へ「これからの在り方」をサポートしています。

コバタケをフォローする
\ この記事が気に入ったらシェアしてね /
コバタケをフォローする
BizHack
タイトルとURLをコピーしました